ポッポ屋さんの言いたい放題新小ネタ編

過去ログ 2011年02月 03月 04月 05月 06月 
2012年08月 09月 10月 12月 
2013年09月 10月 
2014年10月 
2016年01月 
2017年02月 

☆彡2014年10月01日(水)  親愛なる爺や
久々に書いてみてる小ネタがこういう湿っぽいモノで面目ありません・・・
 2014年9月29日未明 カミさんが世話になってる会の関係者、つかさの爺や氏がお星様になりました。

 この訃報が届いたのはこの月曜の夕方、カミさんがメッセージで、水曜の夜おでかけしたい・・・というワケわからん というかストレスたまりまくりで気晴らしが必要になったんだな って感じのものが飛んできまして・・・苦しうない♪ と返したところ、実は・・・という(爆)

 おいらがカミさんと絡まる縁ができた頃からなにかとカミさんと、そしておいらまで気遣ってくれ、基本ポジティブなおいらが「この人マジでポジティブだなぁ」と思えるほどかなりポジティブな御仁、8月に藤沢北口銀座通りでイベントがあったんですがその際に毎年カミさんについて売り子のお手伝い(になってるのかはしらん)に行かせてもらってたりしてて、そのときも元気いっぱいで「は〜いご利用ご利用♪♪」とノリノリでやってた爺や…

 湯かけまつりの時もノリノリで我々が連れて行ったおねーさんをいぢり(彼女は気をよくしており巻いた)、あちこちのおまつりで会うてもイベント事でご一緒しても元気イッパイだったあの爺や、あんだけ元気なら「爺」じゃねえだろ!とツッコみたいけど本人が「爺」って呼んじゃってるんじゃしゃぁない(笑)

 さて、本人お星様になった話を聞き、お通夜は1日夜ということでしたが藤沢で料理人やってた頃から何かにつけて気にかけてくれてた爺や夫妻のこと、ナニゴトかあったらほぼ最優先で動くのは当然のことかなということで、想定通り逗子に着いてからバイクで爺や宅までカオ出しに行ってました。もちろん先方さんのお許しを得た上で・・・

 で、ウチにけぇってからおいらも気になるのでいろいろ聞いたんだけど、奥様の婆や(彼女も自身をこう呼ぶ)の話では、日曜の藤沢市民まつりではお囃子について行き、夕方は「つかさ」の営業、そして疲れたと早めに帰宅してご飯食って普通に寝てたとか・・・

 で、トイレに起きたらトイレの中でね・・・という(ノ_・。)

 オチとして、「最後まで人をビックリさせる人だったよ」という、笑うに笑いにくいおはなしまで伺いました。

 で、故人のご尊顔を見てきたというカミさん、表情がいつもの笑顔なんだよ!! というのですよ。

 実にあの御仁らしい去り際なのですが、オイラ自身そういう逝き方できるのかな?と感じた話でありました。

 さて当日、降らないはずのお空は雨・・・ マジで「何でやねんっ」な天候でしたが、まさか爺やの涙雨? そういうキャラじゃぁないけどいい意味でさみしがり屋だからなぁと思うと納得も行く。

 ただ、配達太郎にはけっこう酷な天候でして(^^; 昼からやみそうとの予報もやっぱり霧雨程度の雨 想定以上に手間取り終了、ホントはね、汽車乗っていけたら爺を忍んで現地でお酒補給できるね なんて思ってたんですが、重要人物の送迎という任務が加わりましてバス号出撃(^^; ただ、配達太郎のロスタイムも考えたら汽車はムリだったな・・・

 開式ちょっと前に到着して着席させてもらった。式場ホールはエレェ大きく、それでも参列者席はほぼうまり、たぶんそこに約200名 お焼香上げさせてもらってホールを退室したらかなりの人が並んでて・・・すごい参列者数になりそうな感じでした。

 一緒に偲びましょうと吹いたオアイテの兄ぃには「なんでクルマなんだよ!?」と全開おしかりを受け(^^; 導師退場後、お棺の爺やを見せてもらいました。

 カミさんのコメント通り、なに死んだふりしてるかな? とツッコミ入れたくなるくらいには満面の笑顔といえる表情で入ってる爺や、ウチの両親と同じ年齢ということもあり、いつかは親もこうなるんだろうとは思いつつも、ご家族はともかく、仲間内には「長生きした爺を元気よく送り出してくれよぉ♪♪」と語りかけてるようでもありましたもんね(ノ_・。)

 残された婆やのことが、正直この先心配ですが、おみこし仲間で守っていかないといかんだろう!と思っております。

 にこやかで元気イッパイの爺や、おいらは多分忘れない・・・