ポッポ屋の見たオフネタ(2)

     そして信州そば♪♪

 やっと、バスが着いて、名古屋組のみなさんもやっと乗るべきクルマができた感じでしたね(;^_^A アセアセ・・・

 乗員4人だったバス号も、にぎやかなめかさん、ぴゅあさんが加わり、楽しい感じになったのですが・・・

 そのお2人さんだ・・・ってのはわぁってたのですが、どっちがどっちやねん・・・たしかぴゅあさんはショートにしたんだよ・・・ってチャットでゆってたけどなぁ・・・

 とりあえず・・・

ポ:あぁ、はじめましてぇ ぽっぽやでございますぅ_(_^_)_ 今日はよろしくおねがいしますぅ

ぴ:めかで〜す
め:ぴゅあで〜す

 あれ? だっけぇ・・・?

 おやくそくのボケでやってるんだろうか? それともマヂ? 名前間違えちゃったらすげぇ失礼だしぃ・・・

 まぁ、はっきりわぁるまで名前呼ばないことにしよう(-。-) ボソッ

 最初の目的地は、ウシにひかれて善光寺・・・

 めかさん、美術館の感想、ボードに書いてね♪

 善光寺は、私は、その昔2回ほど行ったことありまして・・・

 今回、ババ〜(ってゆったら失礼かな?)が鳩のエサを売ってなかったなぁ・・・ってのが最大の印象でした(;^_^A アセアセ・・・

 大きな世話ですが、みんな占いモノ、すきですよねぇ・・・私もですが(;^_^A アセアセ・・・

 ぴゅあさんが、早速おみくじやってぇ・・・それが火元だったのでしょうか? みんなでおみくじやってました(;^_^A アセアセ・・・

 その後、暗闇探検(?)・・・本堂のご本尊の真下に入ってるんでしょう、真っ暗な道をぞろぞろ歩く・・・コレ、アベックだったら結構ムフフモンだなぁ・・とかイキじゃない考えを起こす(爆)

 真っ暗な状況の前に、誰だっけか、「携帯のあかりで結構見えたりして・・・」

 あ、ワシの結構明るいや・・・やってみよ・・・ あ、明るくなったらアジがなくなっちゃうわ・・・とまだ消えてない明かりを急いで隠して歩く、でも、そのうち、後ろの方から携帯のベルの音が・・・

 めかさん、もう美術館終了らしい、おんじゃ合流しよう♪

 で、今度は戸隠のそばを・・・

ろ:七曲がり登るけど大丈夫かなぁ?
ポ:勾配は大丈夫なんだけど、カーブくねくねしてない?

 たぶん、あそこ通るんだろうなぁ・・・10年近く前に通ったあの急勾配のみち、結構ターボ付のギャランでもきつかった記憶が・・・(ボソッ

 まぁ、カーブがきつかったかな? って気はしましたが、勾配は気にならずに登り切る・・・

 戸隠バードラインって、こんなに景色よかったんだなぁ・・・ 若い頃はそんな感傷に浸る余裕はなかったぜぇ(;^_^A アセアセ・・・

 どこを走ってるんだかほとんどわからない内に、そば屋さん前に到着。

 なんか、シブそうなそば屋さん♪

 さすがは幹事のろくさん、下見の効果が出てるぜぇ♪♪♪

 「そば・旅館」ってなってるじょ、宿もやってるんだなぁ・・・ と、通してもらったのはおそらく宿の領域だな(ボソッ

 すごく広い(約20人のためにしては)場所でくつろがせてもらって、そばを頼む♪

 最初に出してくれた野沢菜も、そば茶も、大根も・・・すげぇうまい(/_;)カンドウ

 そしたら、かんじのろくさん・・・

ろ:うん、野沢菜がおいしかったからここにしたんだぁ♪

 なるへそぉ・・・さすがはチェック厳しいなぁ・・・

 そして、不良ドライバーはちょっちココでガソリン補給も済ませ(ボソボソッ)、大盛りのざるそばをいただく。

 とにかく、やっぱり本場は最高ですねぇヽ(^。^)丿

 味わいが違えば、麺のコシ・・・も違うような気もするしぃ・・・もう、ハマリのパターンでしたが、正直のハナシ・・・暖かいそばも食ってみたかったような気も(ボソッ

 まぁ、それは、次回の機会にとっておこう♪♪

 そんな調子のいいことを言ってるワリに、店の名前は覚えてないらしい(木亥火暴)

 そのあと、そばのソフトクリームを食しにおみやげやさんに寄り、みんなで食いました。

 ちなみに、その時点では、窓の外は雪・・・しかもちょっち吹雪いてるかな?(;^_^A アセアセ・・・

 端から見たらアホみたいなんだろうなぁ(;^_^A アセアセ・・・ まぁ些細なことですが♪
 雪混じりの道路にちょっちびびりながら坂を下りる・・・

 10年近く昔に飯縄高原のペンションに泊まったことがあるのですが、この道、たぶん、その道だろうなぁ・・・とおもいつつ、なにせ、オリンピックのおかげで、相当に道も変わったとかで、記憶にないような道を通って下に降りていく・・・

 途中、やまだ姉妹をおろしたのですが、実のトコ、どこなのか全くわぁんない・・・

 その後、やっぱり、ワケわかんない内にどうやら湯田中らしいトコに着いたかな? って思ったら、をっ、踏切道だ・・・架線柱がみょーにマイナーっぽい形してるしぃ、こりゃ長野電鉄だな・・・あ、そいあ、駅のすぐ近くってゆってたっけ・・・

 そんな感じで到着し、それぞれ部屋に行くのでありましたぁ。

またもや長文のためその3に続く